驚愕の教えを大公開!~土田浩翔プロとの出会い~

©一般社団法人最高位戦日本プロ麻雀協会

はじめに ~土田浩翔プロとの出会い~

こんにちは。

最高位戦の神っていない方のメンタリスト、よっしーです(笑)

今回は麻雀界のレジェンド、

土田浩翔プロとの出会いについて書かせていただきます。

メンタリストと呼ばれるようになったのも土田先生の影響です(笑)

土田浩翔プロとは

土田 浩翔(つちだ こうしょう)

戦績

第3・7・8回MONDO21杯 優勝
第4回MONDO21王座決定戦 優勝
第11・22期鳳凰位
第22・23期十段位
第26期王位
第9期最強位 等

引用:一般社団法人 最高位戦日本プロ麻雀協会HPより

  チートイツの名手と謳われ、ついたニックネームは【トイツ王子】(笑)

※トイツとは同じ種類の牌が2枚揃ってる状態の事です。

麻雀界では7つペアを揃えるとシェンロンが降臨すると囁かれている、

七対子(チートイツ)という役があります(笑)

ドラゴンボールを見たことのある方はご存じだと思いますが、麻雀においても7種類の牌をすべて2枚づつ集めるってめっちゃ難しいんです。

ただし、土田プロは7つ集めるのがめっちゃ上手いんです!

眼鏡にはドラゴンレーダーならぬ、 トイツレーダーが搭載されているらしいです(笑)

解説で飯田プロが解説不能とおっしゃっていますが、理屈では到底理解できない世界観が土田イズムといった所でしょうか。

もちろんその独特の世界観が土田先生の教室では学べます(笑)

最近ではMリーグの解説でお馴染みですね。

引用:Abema麻雀TIMESより

土田先生が解説をすると視聴率が跳ね上がるそうです(関係者談)

土田浩翔のマージャンセラピーとは?

土田先生が今まで行なっている教室とは全く別の新しいコンセプトで始まったのが、

手牌を育て、心を育てる土田浩翔のマージャンセラピーです。

引用:麻雀ウォッチHPより

こちらの教室で土田先生と出会いました。

土田先生はもともと全国各地で麻雀アカデミーという教室をされています。

そこでは技術論を中心に学べるのですが、 新しく始まったマージャンセラピーでは麻雀哲学や精神論を中心に学べます。

実は土田先生、精神科医になりたかったらしいです(笑)

そんな想いが、のちのマージャンセラピーという形になったのかもしれません。

土田浩翔プロとの初対面、初講義

2016年5月13日(金)

開講第二回目からマージャンセラピーに初参加しました。

囲碁仲間のK君と、くまぽろちゃんを誘い、いざ五反田へ。

土田先生の第一印象は・・・

 

デカいっ!

 

とにかくデカいんです!!(驚)

そしてツヤツヤのたまご肌・・・(笑)

芸能人のようなオーラを放っていました。

簡単な挨拶が終わるとさっそく卓を使いレクチャーが始まりました。

土田先生が卓につくと、近くにいた自分たち三人を残りの席に座るよう指示。

(えっ、こんな簡単に同卓してもいいのかよ・・・しかも三人で(笑))

めっちゃラッキーでした!

土田先生ではまず牌が上がってきたら斜め前に出します。このことを何て言うでしょう? 土田先生の視線が僕に向けられました。

よっしー「と・・といぱいですか?

土田先生の顔がΣ(・□・;)になっていました(笑)

何で知ってるの?と不可思議な表情をされていました。

それもそのはず、予習済みでした(笑)  

土田先生「ではサイコロを振りますが、どの様に振ればいいでしょうか?

今度は先生の目線が卓を囲む生徒に全体に向けられます。

沈黙が流れたところで、

よっしー「無心で、ですか?

土田先生「・・・。よくわかったね~」と感嘆の表情。

二度も驚かれてしまいました(笑) そしてこの後、

驚愕の一言を発します・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土田先生「そう、無心で、自分が産まれてきた時の事を思い出して振りましょう  

・・・会場が静寂に包まれました。  

心の中では(えーーーっ!なんじゃそりゃ) 今度はこっちが驚かされました・・・。

なんともスピリチュアル(笑)    

その日以来、サイコロを振る度に童心にかえらねばなりません(笑)  

その後は細かな所作についてレクチャーを受けました。

今思えばサイコロの振り方から土田先生に教われるとは、 本当にいい経験をさせて頂いたんだとなぁとつくづく思います。

この教室に通ってもう4年目になりますが、 毎回、笑いの絶えない楽しい講義が繰り広げられています(笑)

まとめ ~土田浩翔プロとの出会い~

いかがでしたでしょうか。

会う前も衝撃的でしたが、お会いしたらもっと衝撃的でした(笑)

土田先生に出会い、教わるなかで、その教えを後世へ伝えたい。

その想いが増すにつれ、プロを目指そうと思うようになっていきます。

土田先生を師匠とお呼びするのは大変おこがましく、 先生からすれば、一教室の末端の生徒。

しかし、自分にとっては最初の師匠

いつか後継者の一人と認めてもらえるよう師と仰ぎプロ生活を送っています。

  先ほど最初の師匠と書きましたが、実はもう一人師匠がいます。

それは・・・    

古久根英孝プロ

これまた麻雀界のレジェンド。

今を時めくMリーガーや、トッププロを数多く育てた方です。

土田先生とは正反対の麻雀観をお持ちで、 土田先生に教わっていながら、なぜ古久根プロ?

と思う方もおられると思いますし、実際によく聞かれます。

なんせ、自分自身が一番驚いています(笑)

なので次回は、なぜ古久根プロに麻雀を教わるようになったのか、古久根プロとの出会いのエピソードを交えながら書かせていただこうと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

ご質問、お悩み相談など何かありましたらお問い合わせページへのリンクよりお気軽にご連絡ください。お問い合わせフォーム

それではまた~☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました